安全標語のキーワードのコミュニケーションのスキルアップ法とは?




安全標語のキーワードとしては、コミュニケーションがあります。

ここでは、コミュニケーションなどの安全標語のキーワードとは?コミュニケーションのスキルアップ法とは?についてご紹介します。

安全標語のキーワードとは?

安全標語のキーワードとしては、次のようなものなどがあります。

コミュニケーション、確認は何回でも、確認忘れず、感電、会社ぐるみで取り組もう、危ない箇所、機械トラブル、きちんと話を聞きましょう、リスク予知する余裕持て、軽視しない、車は事故のもと、高所作業、現場で考えよう、トラブルの兆し気付け、知ってるつもり、触って確認、捨てよう過信、事故は一瞬、自己流は事故の元、その瞬間、知らなかったじゃ済まされない、その工具で正しいか

コミュニケーションのスキルアップ法とは?

コミュニケーションスキルをアップしようと思えば、最も実践することが早道です。

効率をより要求するのであれば、専門のコミュニケーションのセミナーや講座に参加したときに実践しながらマスターする方法もあります。

ここでは、コミュニケーションのスキルアップ法についてご紹介します。

テーマを決定して徹底して実践する

コミュニケーションのスキルアップをすることは、筋力をトレーニングするようなものです。

コミュニケーションのスキルを実践することによって方法をマスターして、自然と使用できるようになって、だんだん洗練していきます。

日常の全てのコミュニケーションは実戦であり、トレーニングのチャンス、レベルアップのチャンスでもあります。

コミュニケーションのスキルを新しく学ぶと、テーマを決定して徹底してトレーニングしましょう。

より効果的にマスターするためには、1回に1つのスキルに絞る、徹底して全てのコミュニケーションの中で使用する、自然にできるようになれば次のスキルを実践する、というようなステップが大切です。

多くのスキルをいろいろ実践するよりも、1つずつに着実に絞ってマスターすることが、最終的に効率がいい最短の方法です。

自分が伸ばしたいところ、マスターしたいと考えるコミュニケーションのテーマ、例えば、ネタを10人に話してみる、ペーシングをマスターするなどを決定して、すぐに実践しましょう。

ネタを年中集めて実践する

プロの講師などのときは、努力して年中ネタを探しています。

例えば、ネタとしては学びや気づきになるものはないか、みんなが笑えるものはないかなどがあります。

いつも通りに日常でコミュニケーションを取っていると、コミュニケーションのスキルアップはできません。

全てのところから参考やヒント、ネタを探して、実際にそれをやってみる、というようなことヲ繰り返すことによってブラッシュアップされていきます。

普段の生活においても、ネタになる出来事などが多くあり、次のようにその道のプロからも学ぶことができます。

例えば、討論番組ではファシリテーターのテクニックや議論を進める方法、説得力がある話す方法、落語では人を虜にする表情や話し方、表現力が挙げられます。

また、面白いと自分が思う人、笑える話から、面白いのはどのようなところであったか、自分が使えるネタ、話し方、題材がないかを考えてみましょう。

エンターテイメントやテレビを単に楽しむのみでなく、ネタを見つけるというような観点から見ることによって、従来とは全く異なる発見があります。

模倣してレベルアップする

コミュニケーションスキルは、仕事において最も要求されるものです。

そのため、自分の周りの仕事ができる人は、コミュニケーションスキルが得意な人が多くいるでしょう。

このような人の得意と考えるところや自分が伸ばしたいと考えるところを、模倣しましょう。

例えば、仕事ができる同僚が上長にどのように声をかけるか、ビジネスメールやお礼などでの伝え方の工夫や気配り、言葉使い、プレゼンスキルがあり説得力がある人の喩え話の使い方、話の構成、周の人から信頼されている人の口調や話し方、他の人との接し方、面白い話の人が話題やネタをどこから仕入れているか、などが挙げられます。

スキルアップを闇雲にするよりは、お手本が身近にあれば早道になります。

上達するためには、中途半端に模倣しないで、完全に徹底して模倣できる程度にすることがポイントです。

従来のやり方を変更したり、新しいことをマスターしたりするときは、自分流の従来のやり方が邪魔するときがあるためです。

他の人の模倣すべきことを決めれば、着実に一つずつ積み重ねましょう。

当然ですが、直接本人からアドバイスをもらうことも有効です。