5Sとは?5Sの安全標語を作る方法とは?




5Sをスタートするときは、安全標語を設けるときがよくあります。

また、トップダウンで、5Sの安全標語を決めろと部下などに考えさせるときも多くあるでしょう。

しかし、このときは、5Sの安全標語がわからなくて困るときも多くあるでしょう。

ここでは、5Sとは?5Sの安全標語を作る方法とは?5Sのメリットとは?についてご紹介します。

5Sとは?

5Sというのは、整理、整頓、清掃、清潔、しつけの頭文字をとったもので、主として製造業などや医療現場などで取り組んでいる、職場の環境を整備する活動です。

この5Sの意味としては、次のようなものがあります。

整理

必要なモノと必要ないモノを分けて、必要ないものを廃棄することです。

整頓

必要なモノを、すぐに誰でも取り出せるようにすることです。

清掃

きれいな汚れやゴミがない状態を保つことです。

清潔

整理・整頓が保たれている状態です。

しつけ

整理、整頓、清掃、清潔が定着して、決まったことが守れるようになっている状態です。

5Sは、きれいな職場に単にする活動でなく、職場を快適にして安全性をアップし、業務の効率をアップするためのものです。

このようなことを考慮した上で、モチベーションがアップし、効果がある安全標語を考えましょう。

ここでは、5Sの安全標語の例についてご紹介します。

  • 「目指せ5Sで事故・労災0件」
  • 「チョイ置き禁止!余計なモノを置かない習慣」
  • 「早く、丁寧、安全第一に」

5Sの安全標語を作る方法とは?

ここでは、5Sの安全標語を作る方法についてご紹介します。

誰のための5Sの安全標語か?

まず、5Sの安全標語は、誰のためのものかが非常に大切です。

5Sの安全標語のときは、社外向けより、社内向けのものがほとんどでしょう。

そのため、社員のモチベーションをアップするものがおすすめです。

このようなことを考慮して、実際の5Sの安全標語を考えましょう。

どのようなことを実現したいか?

安全標語には、どのようなことを実現したいかの目標が必要です。

職場をどのような環境にしたいか、どのようなことを実現したいかを考えましょう。

例えば、考えやすいのは、リスクを無くす、作業を安全にする、などというようなものでしょう。

目標はより具体的にする

目標を標語にしたものが安全標語です。

目標を実現するためには、より具体的なものにする方がおすすめです。

そのため、目標はできる限り数値を入れましょう。

数値を入れる方が、行動がイメージしやすくなります。

また、後から振り返るときに、目標が実現できたかがはっきりします。

そのため、具体的な安全標語ほど実現しやすくなります。

言葉にリズムがある

目標が決まれば安全標語にします。

安全標語は、可能な限りインパクトがよりあって、記憶しやすいものにしましょう。

そのため、安全標語の言葉にリズムがあることがポイントです。

言葉をだらだらと並べるよりも、ぎゅっとポイントをまとめて、リズミカルにこれが表現できればより理想的です。

5Sのメリットとは?

ここでは、5Sのメリトットについてご紹介します。

安全性がアップする

労災事故が、安全な規則の制定、毎日の点検、安全なモノの配置などによって無くなります。

毎日の社員の点検の習慣化の効果が最も大きく、個々の注意力がアップすることで事故が防止できます。

業務の効率がアップする

業務をより早く、楽に行うことを追及し、社員がお互いに話し合って検証をしながらモノの最適な配置や、作業の改善などを行っていきます。

そのため、どんどん業務の効率がアップして、生産性もアップします。

より効率的な方法を求め続ける心構えであるモーションマインドを、社員に育むことが非常に大切です。

費用が低減できる

在庫を徹底して管理することによって無駄な生産が無くなる、業務の効率がアップすることによって人件費が低減できるなど、あらゆるシーンで費用が低減できます。

サービス・品質がアップする

業務を標準化することによって、作業が正確にスムーズにできるようになります。

そのため、だんだんサービスや品質にムラがなくなって、不良品やミスが少なくなっていきます。

最終的に、納期が早くなって、顧客満足度をアップすることができます。

企業の評価がアップする

成果が5Sで出てくるようになれば、企業を訪れた顧客のイメージが良くなって、評価がどんどんアップしていきます。

同じ商品を購入するのであれば、清掃が行き届いた、整理整頓された清潔な企業から購入したいと考えるのが人情でしょう。

費用が低減して、サービスや品質がアップして、評価がアップすることによって利益がどんどん出るようになっていきます。