安全標語のキーワードとして高い関心がある不安全行動とは?




過去の安全標語を見てみれば、不安全行動という言葉がよく出てきます。

ここでは、安全標語のキーワードとして高い関心がある不安全行動についてご紹介します。

不安全行動とは?

不安全行動というのは、労働者自身あるいは関係する労働者の安全を阻む可能性がある行動を意図して行うものです。

労力や手間、費用や時間を省略することを優先して、面倒である、この程度は問題ないだろう、他の人もやっているためいいだろう、早く作業をするには仕方がないなどというような思いや、長年やっているため心配ない、事故を自分が起こすことはないなどというような過信や慣れから、安全な行動ではなく安易な行動の結果、労働災害になることが多くあります。

なお、ヒューマンエラーというのは、労働者自身の行動が結果として意図しないものになることです。

労働災害が起きる要因とは?

労働災害が起きる要因としては、次のようなものが考えられます。

  • 労働者の不安全行動
  • 物や機械が事故の起きる状態、あるいは事故の起きる要因が作り出されている不安全状態

なお、厚生労働省では、次の12項目を労働者の不安全行動のパターンとして挙げています。

  • 安全措置の不履行
  • 防護・安全装置を無効にする
  • 危険な状態を作る
  • 不安全な状態を放置
  • 運転中の機械・装置等の掃除、注油、修理、点検等
  • 機械・装置等の指定外の使用
  • 危険場所への接近
  • 保護具、服装の欠陥
  • その他の不安全な行為
  • 誤った動作
  • 運転の失敗(乗物)
  • その他

また、厚生労働省では、次の8項目を物や機械の不安全状態として挙げています。

  • 物自体の欠陥
  • 物の置き方、作業場所の欠陥
  • 防護措置・安全装置の欠陥
  • 保護具・服装等の欠陥
  • 部外的・自然的不安全な状態
  • 作業環境の欠陥
  • 作業方法の欠陥
  • その他

労働災害が発生する要因としては、厚生労働省の平成22年の「労働災害原因要素の分析」によると次のようになっています。

  • 労働者の不安全行動と物や機械の不安全状態によって発生した労働災害が約94.7%
  • 労働者の不安全行動だけによって発生した労働災害が約1.7%
  • 物や機械の不安全状態だけによって発生した労働災害が約2.9%
  • 労働者の不安全行動でも物や機械の不安全状態でもなくて発生した労働災害が0.6%

このようなことから、労働災害が発生した要因の中で労働者の不安全行動によって発生したものが96.4%を占めています。

そのため、労働災害は、ほとんど労働者の不安全行動によって発生するといえるでしょう。

労働者の不安全行動によって発生する労働災害を防止するためには?

ここでは、労働者の不安全行動によって発生する労働災害を防止する方法についてご紹介します。

不安全行動が発生する要因としては、次のようなものなどがあります。

  • 労働者
  • 作業
  • 作業環境
  • 安全管理
  • 組織

不安全行動が発生する要因は、このような要因の中の一つのみでなく、いくつかのものが絡んでいると考えられています。

また、労働災害が不安全行動によって発生するときは、労働者の意識、心構えのみで防止することはできません。

というのは、不安全行動が発生する要因が、監督・管理が徹底されていないことや、環境・設備面の不備によることも多くあるためです。

不安全行動は、作業のあるべき行動から逸れることですが、この作業のあるべき行動である作業手順(作業標準)がはっきりと決められていなかったり、決められていたとしても、安全教育が十分に実施されていなかったりしたので、不安全行動を労働者がしてしまって、労働災害が発生したケースもあります。

安全教育は、指導したつもりでも、指導したことが十分に労働者に伝わっていないと意味が全くありません。

普段の作業プロセスにおいて指導した内容を実践させ、不安全行動をしたときは是正をすぐにさせながら、作業のあるべき行動をマスターさせることが大切です。

不安全行動を防ぐためには、先にご紹介した12項目の労働者の不安全行動のパターンのそれぞれに関して、その対策を個別に検討する必要があります。

例えば、防護・安全装置を無効にする、安全措置の不履行に関しては、指導、教育、監督を徹底することによって対策することができますが、不安全状態を放置、危険な状態を作るに関しては、作業環境や設備の改善、さらに人間工学的な立場から気配りする対策が必要です。

また、職場におけるいい対人関係の構築、労働時間、休憩、休日などというような労働条件の適正化など、労務管理の立場からも対策する必要があります。