安全標語の優秀作品を作る方法、コツ、ヒントとは?




安全標語を作るときは、誰もが優秀作品を目指したいでしょう。

ここでは、安全標語の優秀作品を作る方法とは?安全標語の優秀作品を作るコツとは?安全標語の優秀作品を作るヒントとは?安全標語の優秀作品は流行語、新語を利用する、についてご紹介します。

安全標語の優秀作品を作る方法とは?

ここでは、安全標語の優秀作品を作る方法についてご紹介します。

テーマを決定する

まず、安全標語のテーマを決定します。

職場で働く人が、どうすれば事故防止に対する意識が持てるか、特にどのようなことに注意すべきかを検討しましょう。

例えば、建築現場における建設機械との接触事故防止、工場における設備による事故防止、食品衛生における手洗い、などというような内容です。

キーワードを決定する

次に、ちょっと聞いたのみでイメージを具体的にしやすい一つのキーワードを決定しましょう。

例えば、規則の遵守、指さし呼称、手洗い、安全運転などです。

簡潔に短くまとめる

安全標語は誰もが覚えやすいものであることが大切です。

そのため、決定したキーワードを入れ込んで、簡潔に短く安全標語をまとめましょう。

安全標語の優秀作品を作るコツとは?

覚えやすく、しかも簡潔に短くまとめるためには、5・7・5のリズムを俳句や短歌のように意識することが大切です。

5・7・5のどの箇所にキーワードを入れるか決定しましょう。

このキーワードをメインにして、前後の言葉を意味が繋がるように選択しましょう。

また、文頭を韻を踏んだり、命令口調にしたりすれば、インパクトがあるため覚えやすくなります。

例えば、過去の安全標語の優秀作品としては、次のようなものがあります。

  • 「安全は 目配り 気配り 思いやり」(平成22年、株式会社松島組)
  • 「あわてるな 危険予知して リスクゼロ」(平成25年、千代田工業所)

基本的に、標語であるため、5・7・5のリズムにあまりこだわることはありません。

リズムが良かったり、語呂が良かったりすれば問題ありません。

安全標語ができれば、声を出して実際に読んでみましょう。

安全標語の優秀作品を作るヒントとは?

ここでは、安全標語を作るヒントについてご紹介します。

韻を押す

次の安全標語のように、標語の中で韻を押すと覚えやすく、注目度がアップします。

  • 「災害ゼロから危険ゼロへ」(第73回全国安全標語)
  • 「トップの決意とみんなの創意」(第78回全国安全標語)

スポーツ用語を使う

次の安全標語のように、標語の中にスポーツ用語を使うと、別のものに比較して、注目度がアップします。

  • 「無事故の 金メダル」(平成17年度危険物安全推進標語)
  • 「確かなスマッシュ」(平成20年度危険物安全推進標語)

業界に適した言葉を使う

次の安全標語のように、標語の中に業界に適した言葉を使うと、別のものに比較して、注目度がアップします。

  • 「指差し確認、KYK、ヒヤリハット…」
  • 「高所作業、クレーンの限界、アスベスト…」

文頭に命令文を使う

次の安全標語のように、文頭に命令文を使うと、インパクトがあるためきついイメージを与えるので、使わない方がいいときもあります。

  • 「見逃すな! …」
  • 「ちょっと待て! …」
  • 「忘れるな! …」

反語を使う

次の安全標語のように、主として文頭に反語を使うことによって、注意喚起ができ効果が期待できます。

  • 「適切ですか」(第34回国家公務員安全週間標語)
  • 「忘れていませんか?」(第37回国家公務員安全週間標語)

安全衛生キーワードを利用する

安全衛生情報センターのサイトにある安全衛生キーワードには、安全標語に利用できる「保護棒」「リスクアセスメント」などのキーワード一覧があります。

また、ネットなどでも安全標語のキーワードが紹介されているため、一緒に利用すれば安全標語の幅が拡大します。

安全標語の優秀作品は流行語、新語を利用する

流行語、新語と安全標語は深い関係があります。

流行語が安全標語に入っていると、覚えやすく、比喩として作るときに取り入れやすくなります。

これ以外にも、多くの安全標語から目に付くために、新語の利用もおすすめです。

例えば、長い「空気が読めない」という言葉も以前の新語の「KY」にすると、文字が短くなり、音読みすると、キャッチャーでポップなイメージになります。

世の中には同じような安全標語が多くあるため、流行語を利用するのは、オリジナルのものを作るヒントになります。

ネットなどでは、流行語、新語が紹介されているため参考にしましょう。

なお、流行語、新語を利用した安全標語としては、次のようなものなどがあります。

  • 「見逃すな 私は安全仕分け人」