工場の安全標語とは?安全標語を設けるコツとは?




工場などでは、怪我や事故がないように仕事を行うために、安全を考えた安全標語を設けることがあります。

では、工場では、実際にどのような安全標語を設けているのでしょうか?

ここでは、工場の安全標語についてご紹介します。

工場の安全標語とは?

工場で未然に事故を防止するには、規則を設ける以外に、安全標語を設ける方法があります。

安全標語というのは、社員の安全に対する意識をアップするために設けるスローガンです。

作業や職場に慣れてくると、油断して事故が発生することがあります。

社員自身が事故を防止しようという意識をアップするために、安全標語は設けられます。

職場の多くは、安全標語を声に出して毎日読んで、よく見えるところに掲げるなどしています。

安全に対する意識が社員に浸透するように、このような安全標語を設けています。

安全標語は、工場など以外にもタクシー業界や運送業界などでも設けられています。

ここでは、安全標語の事例についてご紹介します。

  • 安全は 基本動作が大切
  • 忘れるな 危険予知と基本動作
  • ゼロ災は 職場の合言葉
  • 「危険だよ」の一声が事故を防止する

このように、安全標語は簡潔な短い言葉でまとめます。

工場での安全対策としては、工場全体の安全標語を設ける以外に、個人の安全標語を設けるときもあります。

個人の安全標語としては、例えば、「私は無理をしません」「私は安全を守ります」などというようなものを設けます。

このような安全標語を書いたシールを、個人のヘルメットなどに貼るときもあります。

というのは、他の人が見ることによって安全に対する意識をアップする効果が期待できるためです。

安全標語を設けるコツとは?

安全標語は、工場の中で仕事をする人が怪我をしたり事故を起こしたりすることがないように注意を喚起するためのものです。

この安全標語はリズムを良くしたりすることによって覚えやすくなり、一人ひとりの社員に注意を促すことに繋がります。

安全標語を設けるときは、社員が安全に対して注意して欲しいことをはっきりさせておけば考えやすくなります。

安全標語を漠然と考えれば、安全標語そのものも抽象的なものになって、社員は実際に行動しにくくなります。

ここでは、安全標語を設けるコツについてご紹介します。

具体的に見る人がイメージできる

「だろうと確認を省略すれば事故になる」

この安全標語であれば、思い込みで安全確認を省略すると事故になるため、確認をしっかりと行おうということがわかるでしょう。

安全標語は、具体的に見る人がイメージできることが必要です。

ゼロ災の言葉を入れる

工場の安全標語としては、ゼロ災の言葉を入れる方法があります。

「慣れた仕事も再確認 目指せゼロ災」

工場の安全標語としては、「ゼロ災○○日目標」などと設けているところも多くあるでしょう。

このような安全標語を設けて、事故が無い記録を更新するために毎日の仕事に取り組みましょう。

「ゼロ災職場 毎朝の挨拶が基本」

朝の早いうちに、毎日の仕事の計画を立てる必要があります。

朝の挨拶を行うことによって、頭がスッキリして計画を立てやすくなるでしょう。

笑顔のゼロ災職場が、毎日の仕事が終わる頃には待っています。

スポーツ用品を入れる

「この程度、少しのみ 不安全行動にレッドカード」

事故が工場で発生するときは、この程度であればいいだろう、少しのみであればいいだろうというような、慣れによって安全に対する意識が下がることによるものが多くあります。

このような不安全行動は、自分の気持ちの中からしっかり退場させる必要があります。

業界に適した言葉を入れる

工場の安全標語としては、業界に適した言葉を入れる方法があります。

「安全もしっかり作る 我が工場」

工場ではもちろん製品を作っていますが、毎日これ以上に作っているのは安全かもしれません。

安全は自然にできるものでなく、普段の努力から生まれるものであることを再度意識しましょう。

これ以外の工場の安全標語としては、次のようなものなどがあります。

  • 安全は 気配り 目配り  思いやり
  • おこたるな 正しい手順と基本動作
  • 指差し呼称 身につけてゼロ災害
  • しっかり心にも締めよう 安全ベルト
  • ハットしたときを忘れず 今日も安全確認

このように、安全標語はリズムよく設けることがコツです。

しかし、リズムだけにこだわって、いいたいことがよくわからないのは駄目です。

実際に読んでみることによって、リズムがいいかどうかチェックできるため、記憶しやすいような工場の安全標語にしましょう。

なお、工場の安全標語を設けるコツについては、ネットなどでもいろいろ紹介されているため参考にしてください。