安全標語のテーマとして出されるヒューマンエラーとは?




ヒューマンエラー (human error) とは

ヒューマンエラー (human error) とは、人為的過誤や失敗(ミス)のことで人為ミスとも呼ばれます。人によって起こされる、予め決められた(期待した)ことから逸脱した行い・行動のことをいう。

(事故にならない)無駄な操作や、機械設計者の設計ミス(=操作者以外の人的過誤)は、普通はヒューマンエラーには含めません。

複雑化した現在のシステム、世の中においては、活動するときに人とシステムが協調しています。

このような中において、ヒューマンエラーが大きな事故を引き起こしています。

安全標語のテーマとして出されるヒューマンエラーとは?

安全標語を作るときは、ヒューマンエラーがテーマとして出されるときがあるでしょう。

ここでは、ヒューマンエラーとは?ヒューマンエラーの要因とは?ヒューマンエラーの対策方法とは?についてご紹介します。

ヒューマンエラーの要因とは?

ここでは、ヒューマンエラーの要因についてご紹介します。

無知、不慣れ、経験不足

このようなヒューマンエラーの要因は、新人のときに多くあります。

基本的に仕事に関して知らなかったり、慣れていなかったり、経験が足りなかったりしたときに多く発生します。

まだ十分に仕事がわかっていなく、仕事に慣れていくときに発生します。

このときのヒューマンエラーは、行動に注意するのみでは十分ではありません。

というのは、行動する前にヒューマンエラーの要因がすでにあるからです。

経験が足りないことでヒューマンエラーが発生しないようにするためには、仕事を何回も徹底して繰り返すことが大切です。

慣れ、リスク軽視

このような要因によるヒューマンエラーは、先にご紹介した無知、不慣れ、経験不足の延長線にあるものです。

このようなヒューマンエラーは、事故が慣れたときに発生します。

人は慣れてくるにつれて、初めは注意していたようなことでも、ちょっとずつ手を抜く傾向があります。

そのため、リスクを軽く見るようになります。

このヒューマンエラーは、新人が育つときに発生しやすくなります。

また、ベテランのように仕事に熟練した人でも、仕事にあまりにも慣れきって、リスクを軽く見るときもあるため注意しましょう。

不注意

一般的なヒューマンエラーとしては、おそらく不注意になるでしょう。

不注意というのは注意の逆であるため、先にご紹介したリスク軽視ともダブルところがあります。

リスク軽視と異なることをあえて挙げれば、不注意によるヒューマンエラーはリスクを軽く見ていなくても発生することです。

この不注意によるヒューマンエラーが発生したときは、発生したことを掴んだ上で、注意を促して徹底する必要があります。

連絡不足

コミュニケーションエラーが、連絡不足によるヒューマンエラーになります。

連絡不足によるヒューマンエラーは、主として何人かが関係する仕事においてよく発生するようになります。

ヒューマンエラーとしては、個人によるものが発生するときだけでなく、組織によるものが発生するときも多いので、全体の組織としてヒューマンエラーを防ぐための努力が必要です。

錯覚

正しい情報を勘違いすることが錯覚です。

錯覚によるヒューマンエラーは、状態を見誤ったり、指示を誤認したり、聞き間違ったりすることで発生します。

これは、先にご紹介した連絡不足と同じようなものです。

そのため、正しい情報を聞く人の認知ミスが錯覚ともいえます。

錯覚によるヒューマンエラーは、実際には非常に多くあります。

基本的に、ヒューマンエラーは目の前の状態について間違ったときに発生します。

そのため、錯覚すると、本来の目的からその後の行動が逸れやすくなります。

ヒューマンエラーの対策方法とは?

では、どのようにしてヒューマンエラーは対策すればいいのでしょうか?

ここでは、ヒューマンエラーの対策方法についてご紹介します。

ヒューマンエラーが発生しにくい環境を作る

「おかしいと感じたときはすぐに報告する」「わからないことは十分にチェックしてからスタートする」など、コミュニケーションが普段から十分に図れている組織のときは、未然にヒューマンエラーを防止する環境が整備されているといえます。

仕事を安全に進める上においては、マニュアルやガイドラインを作る必要があります。

さらに、作業手順をできるだけわかりやすく、シンプルにすることも大事です。

整理・整頓・清潔・清掃・躾の5Sが行き届いているときは、ヒューマンエラーが発生しにくく、仕事の効率のみでなくレベルもアップしやすいとされています。

集中力が下がると、ヒューマンエラーが発生します。

そのため、作業が継続するときは、リフレッシュする時間を適度に設けましょう。

早くヒューマンエラーの発生に気付く

セルフチェックを行うために、チェックシートを使用しましょう。

間違えやすい漢字や数字などの文字は声を出してお互いに読み合わせるのもおすすめです。

仕事によっては、ダブルチェックを設けることも大切です。

何人もの担当者がチェックすると、間違いに気付きやすくなります。