KYK(危険予知活動)とは




Kiken Yochi Katsudou の頭文字。作業開始前にその対策について経験と想像力を働かせ、ミーティングなどで、その作業にひそむ危険を短時間で話し合い、危険箇所に気付き、これに対する対策を決め、行動目標を立て、一人ひとりが実践する活動のこと。

訓練(トレーニング)と区別して、職場で実践するのを、危険予知活動という。実際の作業開始前に行い、その日の作業内容や現場の状況にそって考えていくため、不安全状態や不安全行動に対しての対策が現実的でわかりやすく、作業員の危険に対する感受性を高める効果がある。