人権標語の友達とは?真の友達かを確認する方法とは?

人権標語を作るときは、友達についてのテーマを取り上げることもあるでしょう。

ここでは、本当の友達とは?真の友達かを確認する方法とは?についてご紹介します。

真の友達とは?

ここでは、真の友達についてご紹介します。

本音がいえる関係である

真の友達は、自分に対して友達が本音をいっても受け入れられたり、考えていることをいえたりする人です。

好きな相手であるため、相手のことを考えて少し厳しいことをたまにはいうこともあるでしょう。

しかし、この程度では関係が壊れないため、真の友達といえるでしょう。

本気で相手のことを考えているため、真の友達といえます。

秘密にしていることでも話をすることができる

真の友達かどうかは、自分が秘密にしていることでも話せるような人であるかでわかるでしょう。

このような関係は、すぐに築けるものではありません。

自分が秘密にしていることを他の人に話さないという自身があるためでしょう。

自分が良くないことをすれば正直にいってくれる

良くないことをするのは当然駄目ですが、真の友達でない人が良くないことをしても注意はしないでしょう。

しかし、真の友達のときは、正しい方法に引き戻すためにしっかりと良くないことについては叱ってくれます。

というのは、真の友達であると考えているために、いい方向に進んで欲しいという考えが強いためでしょう。

一緒にいるときに沈黙が継続しても落ち着く

沈黙が2人でいるときに継続すると気まずくなりますが、このような沈黙でも真の友達であれば気にしません。

沈黙でも関係ないほどお互いに信頼している、あるいはお互いのことは何もいわなくてもわかっているというように、密な関係がお互いにあります。

真の友達は、一緒に1日中にいてほんのわずか話をしたのみでも、お互いに充実して楽しい時間を過ごしたと思えるようなものです。

行動や性格などが同じようなところがある

真の友達は泣いたり笑ったりするポイントなどが同じであるというように、同じようなところが何かと多いということもあります。

というのは、真の友達として一緒に長い時間を過ごしたことなども影響しているでしょう。

お互いに同じようなところがあるため、仲良くなれるし共感しやすくなれるということです。

また、真の友達として期間は長くなくても相性や価値観が合うため、同じようなところが出てくるときもあるでしょう。

集団から疎外されても味方になってくれる

真の友達は、いつも味方になってくれて、他の人の意見に振り回されません。

例えば、集団から疎外された、他の人から無視された、などのように厳しい状態なったときでも、真の友達は仲間外れにしないで、止めるように集団にいってくれます。

というのは、強い関係でお互いが結ばれており、友達が厳しい状態になっていることが許せないと考えるためでしょう。

真の友達は、どのような厳しい状態でも必ず助けてくれます。

真の友達かを確認する方法とは?

ここでは、真の友達かを確認する方法についてご紹介します。

真の友達は、次の全ての項目に該当するような人です。

良くないところを叱ってくれる

真の友達は、良くない行動や発言を行ったときに、良くないところをしっかりと叱ってくれます。

いいにくいことも、自分のことを思っているためにいってくれます。

いつでも味方になってくれる

真の友達は、他の人から孤立したとき、意見がわかれたときなど、どのようなときでも味方になってくれます。

いかに他の人に嫌われても、本当の友達は味方になってくれます。

喜びを一緒に分かち合う

真の友達は、自分に嬉しいことがあったときに、喜びを一緒に分かち合ってくれます。

本当に自分のことを思ってくれる人は、自分が幸せになるのを一緒に喜んでくれます。

安らぎに沈黙を感じる

真の友達は、沈黙の時間が一緒にいるときにあっても、これがかえって安らぎに感じます。

「話を何かしないと・・・」と思うのは、相手に気配りしているためです。

厳しい状態のときに助けてくれる

真の友達は、自分が厳しい状態のときに、すぐに助けてくれます。

自分のことを優先するのであれば、真の友達ではありません。

気持ちをわかってくれる

真の友達は、気持ちが落ち込んでいるときや乗り気でないときに気持ちをわかってくれます。

また、気持ちが落ち込んでいるときでもそっと見守ってくれます。

気持ちが一緒にいるのみで楽になる

真の友達は、何も特にしていないにも関わらず、気持ちが一緒にいるのみで楽になります。

真の友達であれば、相手の顔を見るのみでも安心できます。

おすすめの記事