人権標語の優秀作品を作る方法とは?

小学校の高学年の生徒が人権標語の優秀作品を作る方法とは?

小学校の高学年の生徒になれば、日本の歴史以外に、世界の歴史を習うチャンスもあるのではないでしょうか。

このようなときは、どうして犯罪やテロが発生しているか、あるいはどうして戦争が発生しているか、などというような疑問を持つようになるでしょう。

このような世界的な問題は、他の人をコントロールしようとしたり、異なったものを除外しようとしたり、欲望、嫉妬、妬みというような感情があったりすることによって発生しているといってもいいでしょう。

自分がされると嫌になるようなことは、他の人にもしない方がいいでしょう。

多くの人にこれをアピールしようということが、人権標語になるでしょう。

ここでは、小学校の高学年の生徒が人権標語の優秀作品を作る方法についてご紹介します。

小学校の低学年の生徒のときは、いじめや友達というようなものが人権標語のメインのテーマになります。

しかし、小学校の高学年の生徒のときは、視野をもうちょっと拡大して考えてみましょう。

小学校の高学年の生徒になれば、ニュースを見るチャンスもあるでしょう。

子供の虐待も、昨今は多く報道されています。

では、親が子供をどうして虐待できる権利があるのでしょうか?

大人の引きこもりが、コミュニケーションを上手く図れなくて多くなっているそうです。

子供が躓いたときに、どうして声を誰もかけられなかったのでしょうか?

人権が守られているために、子供の明日の幸せがあるということがいえます。

このような幸せを感じることから、まずはスタートしてみましょう。

わからないことは、親と子供で一緒に調査してみましょう。

子供がわからないことに答えるのは、非常に困難です。

例えば、いつも子供が「どうして、なぜ」というようなときに、親と子供が一緒に調査するうちに、子供は我が家は幸せなようであるということがわかり始めるでしょう。

調査することから、幸せにみんながなるとはどのようなことか、ではみんなにどのようなことをアピールしたいかというキーワードを探しましょう。

人権標語を作るときは、基本が5.7.5ですが、リズムが良かったり、韻を踏んだりすると、基本にこだわることはありません。

自分が好きなキーワードや気になるキーワードを、ぜひ取り込みましょう。

小学生の高学年の生徒らしい人権標語の優秀作品とは?

ここでは、小学生の高学年の生徒らしい人権標語の優秀作品についてご紹介します。

  • 「いってきます 元気な言葉は 家庭から」
  • 「見てるだけ あなたも立派な 犯罪者」
  • 「声かけて 支え合って 花が咲く」
  • 「それはダメ 強い心で 見過ごさぬ」
  • 「偏見 意見 人権」
  • 「考えて やっていい事 悪いこと」
  • 「平和とは 言葉と態度で 変わる事」
  • 「つなげよう 心の架け橋 平和のために」
  • 「傷ついた 記憶はなかなか 取れないよ」
  • 「聞きたいな やさしい言葉 うれしい言葉」

なお、ネットなどでは、小学生の高学年の生徒らしい人権標語の優秀作品について紹介しているようなサイトもあるため、ぜひ参考にしてください。

また、このようなサイトでは、小学校の体育祭や文化祭などの標語についても紹介しています。

職場や会社で人権標語の優秀作品を作る方法とは?

人権標語のイメージとしては、小学校や中学校で教育されるときが多くあるということがあるでしょう。

しかし、最近は、実際には人権標語が職場や会社で考えられているときが多くあります。

サラリーマンであるため、考え方として必要なものであるとされています。

特に、大手の会社などでは、社内において全ての社員で人権標語に取り組みしていたり、コンテストを行っていたりします。

例えば、全国銀行協会や東京人権啓発企業連絡会では、人権を守るための取り組みを行っており、毎年人権標語を募集して、優秀作品について表彰しているそうです。

2020年は東京オリンピックも行われるため、人権についても国際的により意識される時期になるでしょう。

人権標語を会社で提出する必要があるため、悩んでいるような人もいるのではないでしょうか。

人権標語を作るときは、人権についてのキーワードを考えて、これをベースするのがおすすめです。

使いやすくて人気があるキーワードとしては、思いやり、個性、差別、勇気、ありがとう、笑顔、感謝などが挙げられます。

例えば、全国銀行協会の人権標語の優秀作品としては、次のようなものがあります。

  • 「あいさつは 誰でも贈れるプレゼント 笑顔をつけて 心を込めて」
  • 「ちょっとした やさしさ 気づかい 思いやり 自然に生まれる ありがとう」
  • 「人のこと 自分のことと思えたら きっとつながるみんなの心」
  • 「優しい気持ちと思いやり みんなで創る 笑顔の社会」
おすすめの記事