小学生の人権標語の基本とは?作る方法とは?

小学生の人権標語の基本とは?

まず、人権というのは、人が権利として人らしく生活するために持っているものです。

世界にはさまざまな人がいます。

外観が違う人がいたり、宗教や生活習慣が違う人もいたりします。

人権とは、それぞれの人が他の人に虐げられなくて生活するために必要なものになるでしょう。

普段の小学校の生活においては、この人権に目を向けるのはなかなか難しいでしょう。

ポリシーを持って先生が指導しているときは違っていますが、道徳の時間に少し学習するということでも、他の人のことであるというような反応でしょう。

そのため、小学校の授業には期待しないで、家庭で人権標語を作る前にイメージを子供に持たせることが大切でしょう。

例えば、アニメをテレビで見ながら、「どうすれば嫌な気持ちにみんながならないか?」「この行いはどのように感じるか?」などというようなくらいでいいでしょう。

小学生が人権標語を作る方法とは?

小学生が作った人権標語としては、いじめについてのものが多くあります。

人権は、全てに関係しているため、小学生の世界であればいじめになるでしょう。

人権標語といっても、難しく考えないで、どうすれば友達と仲良くできるか、みんなが楽しく笑顔で過ごせるか、などというように、小学生らしい考え方いいでしょう。

あとは、多くの小学生の人権標語の例文を見てみることが大切です。

パクルと駄目ではないかと考えるかもしれませんが、小学生の人権標語を見るのは大切です。

小学生であれば、人権標語のイメージがまだよくわからないでしょうが、当然ですが、そのまま使用するのは駄目です。

しかし、多くの人権標語の表現・言葉を参考にする方がいいでしょう。

ここでは、小学生が人権標語を作る方法についてご紹介します。

小学生が人権標語を作るときは、5.7.5リズムがおすすめです。

しかし、人権標語は俳句や短歌と違って、5.7.5リズムでなくても問題ありません。

例えば、7.5リズムでもいいし、リズムを無視しても問題ありません。

しかし、人権標語にリズムがあれば耳に入りやすくなります。

わかりやすく、簡潔にして、直接心に訴えましょう。

なお、キーワードとしては子供らしいものを入れ込むのがおすすめです。

例えば、笑顔、思いやり、優しさ、友達、仲間、勇気、命、などのキーワードが挙げられます。

小学生が人権標語を作るときは、このようなキーワードの組み合わせになります。

同じような人権標語が多くあるため、センスとオリジナリ性が大切です。

表彰された過去の人権標語とは?

ここでは、小学生などの表彰された過去の人権標語についていくつかご紹介します。

「みんな持ってる宝物 それは命と思いやり」

この人権標語は、小学校の5年生が作ったものです。

大切なのは相手を思いやる心と人の命で、みんなが平等に生まれたときから持っている宝物であるということを、よくわかるように説明しているでしょう。

「やさしさはポケットに 自分勝手はゴミ箱に」

この人権標語は、中学生が作ったものです。

リズムよく同じような表現になっており、ゴミ箱とポケットを対比しているところが面白いでしょう。

「違う色 集まるからこそ 虹になる」

この人権標語は、高校生が作ったものです。

人はそれぞれ違っており、個性があっていいということが表されています。

違った色が重なって奇麗な虹になるというように、虹に例えた素敵できれいなものです。

「良い子に育てと言うよりも あふれる笑顔で抱きしめて」

この人権標語は、母親が作ったものです。

子供に対して、母親の価値観を押し付けるのは駄目でしょう。

愛情を示すために笑顔で抱きしめることが、優しい思いやりを育みます。

「勇気こそ 自分を変える だい一歩」

この人権標語は、簡単なものですが、自分からまずは変わろうという決心が表されています。

「家族愛 少し広げて地域愛、もっと広げて人類愛」

この人権標語は、どんどん身近な愛が拡大していって、大きな人類愛になるということが表されています。

まず、家庭における親子の関係が大切です。

小学生が人権標語を作るためには?

小学生が人権標語を作るときは、わかりやすいキーワードをできる限り使う方がいいでしょう。

わかりやすいキーワードの中で、他の人に伝えるためにはどのように組み合わせるといいか、ということが大きなポイントになるでしょう。

キーワードとしては、家庭、通学路、学校などというように拡大していくといろいろなものがあります。

家庭で普段話しているときに、キーワードを集めてみましょう。

また、小学生が人権標語を作ったときは、褒めることも忘れないようにしましょう。

おすすめの記事