あいさつの人権標語を作るときのポイントとは?

あいさつについての人権標語を作るときもあるのではないでしょうか。

ここでは、あいさつの人権標語を作るときのポイントについてご紹介します。

しっかりとあいさつについて考える

人の評価は、あいさつをするかどうかのみで非常に違ってきます。

例えば、ワイドショーで話題になるような凶悪犯がいたとしましょう。

レポーターたちはこの凶悪犯について取材して、テレビでその人となりを放送します。

取材された凶悪犯の近くに住んでいる人は、2つのリアクションがあります。

リアクションとしては、「あいさつもろくにしないし、何を思っているかわからない人であったため、やはり…」と「きちんとあいさつをする人であるため、そのようなことをするのは信じられない」があります。

人を殺してもきちんとあいさつをしていると、人は「信じられない」と考えます。

「おはようございます」や「こんにちは」とあいさつをするのみで、人に対する評価は非常に違ってきます。

あいさつの大切さを考えながら、あいさつの人権標語を作りましょう。

あいさつの人権標語を作るときには才能は関係ない

人権標語のコンクールと一緒に、絵のポスターのコンクールがよくあります。

絵はごまかしができなく、ちょっと練習しただけでは上手くなりません。

絵が得意でない人は、いかに夏休み中に練習しても、学級を代表するようなレベルになることもできないでしょう。

というのは、絵が上手いかどうかは才能によるためです。

そのため、美術の成績がいい人は、絵のポスターのコンクールに積極的に応募するのがおすすめです。

しかし、美術の成績が良くない人は、絵のポスターのコンクールに応募するのは時間が無駄になるでしょう。

絵のポスターのコンクールへの応募が美術の宿題として必要なときは仕方がないでしょうが、美術が得意でない人が積極的、自発的に応募するのはおすすめではありません。

しかし、あいさつの人権標語のコンクールは、それらしいキーワードを組み合わせるのみで作れます。

才能は、人権標語のコンクールの入賞・入選や佳作くらいであれば必要ありません。

手間を少しかけるといいのみです。

入選したいのであれば、高い確率のあいさつの人権標語に応募するのがおすすめです。

より入選が間違いなく、簡単な方に応募するのがいいでしょう。

絵が得意なときはあいさつの絵のポスターのコンクールに応募して、絵が得意でないときはあいさつの人権標語のコンクールに応募しましょう。

あいさつの人権標語を作るのは実際には簡単である

人権標語のように、いいたいことを短い文字数で表現するのは非常に困難です。

しかし、地方の小さい自治体が行っているあいさつの人権標語のコンクールに応募するときは、クオリティーはそれほど要求されていません。

このような人権標語のコンクールには、小学校や中学校の生徒が応募します。

応募している人権標語の数も多くなく、全国クラスの人権標語のコンクールで受賞するような才能がある生徒もほとんどいません。

そのため、入選する可能性が非常に大きくなるため、ねらい目になります。

このようにコンクールとして美味しいものはないため、小さい団体や地方の自治体が募集しているあいさつの人権標語のコンクールがあれば、ぜひ応募しましょう。

そして、進学するときに有利になるように、「あいさつの人権標語のコンクールに入選」と内申書に書いてもらいましょう。

地方の自治体が募集するあいさつの人権標語のコンクールは、ほんのちょっとした労力によって入選する可能性があるため、ぜひ応募しましょう。

あいさつの人権標語のコンクールに入選するコツとは?

ここでは、あいさつの人権標語のコンクールに入選するコツについてご紹介します。

  • あいさつに関するキーワードを書き出す
  • あいさつの人権標語によく使われるようなキーワードをできる限り書き出す
  • 七五調になるように書き出したキーワードを組み合わせる

それらしいあいさつの人権標語になると完成です。

あいさつの人権標語などの標語のコンクールに入選したものは、七五調にほとんどなっています。

あいさつの人権標語のコンクールに応募するときは、七五調という決まりはありませんが、学校の先生や審査員は七五調の方がいいということがあるかもしれません。

あいさつの人権標語としてとりあえず提出するのみというときは、このように作ったあいさつの人権標語を提出するといいでしょう。

しかし、入選するためには、意味が同じようなキーワードで、語呂がいいものを探しましょう。

キーワードは個人の主観があるため、入選するとは必ずしもいえません。

しかし、このようにして作るあいさつの人権標語の方が、入選する可能性が大きくなります。

おすすめの記事