人権標語とは?人権標語のテーマとは?

人権標語は、人権を啓発するための活動として、自治体や会社が募集しています。

人権標語の趣旨は、人権問題についての人権の意識を普及することです。

ここでは、人権標語とは?人権標語のテーマとは?人権標語を作るときの具体的なテーマとは?についてご紹介します。

人権標語とは?

では、人権を啓発するとはどのようなことでしょうか?

人権を啓発するというのは、人権問題に対する知識と理解を普及するための活動です。

人権というのは、人であれば誰でも持っている権利ですが、これが侵されるときが結構多くあります。

人権標語やポスターの募集、講演会などを行うことによって広く人権尊重を呼びかけて、未然に人権が侵されることを防止します。

また、人権標語は、人権啓発標語ともいわれており、124日~1210日の人権週間に毎年募集されています。

このような人権標語は、この他にも、自治体や会社などがオリジナルに募集しています。

人権標語のテーマとは?

人権標語のテーマとしては、いろいろなものがあります。

小学生や中学生であれば、いじめ、親の虐待、他の人に対するやさしさ、ネット問題などがあります。

これ以外にも、障害者、高齢者、女性、職場におけるセクハラ、パワハラの問題などもあります。

人権標語のテーマの大きなものとしては、みんな同じ人であるため社会、学校、職場での差別はしない、個性が人にはあるため差別をそのことでしては駄目である、ということです。

なお、人権啓発がいまいちよくわからないというときは、法務省のホームページで漫画を使用してわかりやすく人権について紹介している「みんなともだち マンガで考える「人権」があるため、ぜひ参考にしてください。

人権標語を作るときの具体的なテーマとは?

ある程度、人権標語を作るときのテーマは決定しています。

ここでは、人権標語を作るときの具体的なテーマについてご紹介します。

人権標語を作るときは、ぜひ参考にしてください。

個性は大切

優秀な人権標語には、「個性は無限」「みんなちがって ひかってる」「みんな違って みんないい」などのように「個性は大切」というテーマが多く含まれています。

社会においては、全ての人の個性を大切にすることを目指すのが大切です。

そのため、優秀な人権標語を作るためには、「個性は大切」のテーマをぜひ含ませましょう。

思いやりを持とう

優秀な人権標語には、「思いやる」「あなたのやさしさ」「思いやり」「やさしい心」などというような「思いやりを持とう」というテーマが多く含まれています。

人権意識をアップするためには、他の人のことを思いやる気持ちを持つこと大切です。

そのため、優秀な人権標語を作るためには、「思いやりを持とう」のテーマをぜひ含ませましょう。

声をかけよう

優秀な人権標語には、「見ない知らない」「ひと声が」「どうしたの?」「声がけで」などというような「声をかけよう」というテーマが多く含まれています。

あなたのひとことを、困っている人は待っています。

そのため、優秀な人権標語を作るためには、「声をかけよう」のテーマをぜひ含ませましょう。

笑顔は大切

優秀な人権標語には、「みんなの笑顔は」「その笑顔」「やさしい笑顔で」などのような「笑顔は大切」というテーマが多く含まれています。

笑顔で周りが明るくなり、他の人を元気にします。

そのため、優秀な人権標語を作るためには、「笑顔は大切」のテーマをぜひ含ませましょう。

気持ちは同じ

優秀な人権標語には、「同じだよ」「みな同じ」「あなたも私も」「みんなある」などのような「気持ちは同じ」というテーマが多く含まれています。

いじめられている人も、いじめている人も、同じ心を持っている、同じ人間です。

そのため、優秀な人権標語を作るためには、「気持ちは同じ」のテーマをぜひ含ませましょう。

勇気を持とう

優秀な人権標語には、「勇気ある」「その勇気」「勇気から」「いえる勇気が」などのような「勇気が大切」というテーマが多く含まれています。

勇気を持つことが、差別を無くすためには最も大切なことです。

他の人が困っていたときは、勇気を持って恥ずかしがらないで行動しましょう。

そのため、優秀な人権標語を作るためには、「勇気が大切」のテーマをぜひ含ませましょう。

地域や家庭の連携が大切

優秀な人権標語には、「家庭から」「地域社会」「親子から」「地域の目」などのような「地域や家庭の連携が大切」というテーマが多く含まれています。

家庭から教育はスタートします。

人権教育は、日常的な親子の会話から行いましょう。

そのため、優秀な人権標語を作るためには、「地域や家庭の連携が大切」のテーマをぜひ含ませましょう。

おすすめの記事