交通安全標語の作り方

交通安全標語の作り方

交通安全標語とは、交通安全意識の高揚を図り交通安全対策の一環として、各警察や交通安全協会などで募集される標語のこと。このサイトでは、交通安全標語の作品作りのヒントになるキーワードを集めてみました。
交通安全標語作成方法は、とても簡単で、このサイトのキーワードを参考に組み替えるだけです。

交通安全年間スローガン

全日本交通安全協会と毎日新聞社の共催で募集しているスローガン(標語)。募集されるスローガン(標語)は『運転者(同乗者を含む)に対するもの』と『歩行者・自転車利用者に対するもの』に分かれます。

交通安全年間スローガン募集期間:毎年7月初旬から「秋の全国交通安全運動」最終日の9月30日まで(参考:平成22年度の「交通安全年間スローガン」募集告知

交通安全標語の対策・交通安全標語作成のヒント

ヒント1:脚韻を踏む

『乗るな飛ばすな 割り込むな』
『十字路 T字路』
上記作品のように、標語内で脚韻を踏むと、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。

ヒント2:頭韻を踏む

『叱る友こそ 真の友』
『ゆずりあう ゆとりを乗せて』
上記作品のように、標語内で頭韻を踏むと、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。

ヒント3:言葉をかけてみる

『命をてらす 反射材 』
『そこは命の 通り道』
上記のように、標語内の言葉をかけてみると、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。

ヒント4:命令型を文頭にいれてみる

『飛び出すな!』
『ちょっと待て!!』
上記のように、文頭に命令型の文言をもってくることで標語にインパクトがあります。
きつい感じを与えるので、さけたよい場合もあります。

以上、他の標語の作成にも活かせると思うヒントを書いてみました。
このサイト交通安全標語の作り方でのキーワードを基に交通安全標語作成に取り組んで見て下さい。

交通安全標語のテーマ一覧

交通安全標語で表現されるテーマはある程度決まっています。
以下のテーマ一覧を参考に交通安全標語作成に役立ててください。

<歩行者>

(1)信号を守ろう

「点めつしたら わたらない」「黄色でわたると イエローカード」「よくみよう くるまとじてんしゃ しんごうき」など、
交通安全標語の優秀作品には、「信号を守ろう」というテーマが数多く表現されています。
皆様が交通安全標語を作成する場合も、ぜひ「信号を守ろう」の精神を作品に含ませましょう!

(2)車のかげに注意しよう

「車のかげにまた車」「くるまのかげから ほどうから」「とびだすな くるまのかげや」など、
交通安全標語の優秀作品には、「車のかげに注意しよう」というテーマが数多く表現されています。
皆様が交通安全標語を作成する場合も、ぜひ「車のかげに注意しよう」の精神を作品に含ませましょう!

<運転者>

(1)シートベルトをしめよう

「後ろの席も 締める癖」「シートベルトは 全席で!!」「しゅっぱつまえに シートベルト」など、
交通安全標語の優秀作品には、「シートベルトをしめよう」というテーマが数多く表現されています。
特に後部座席への注意喚起が目立ちます。
皆様が交通安全標語を作成する場合も、ぜひ「シートベルトをしめよう」の精神を作品に含ませましょう!

(2)飲酒運転の根絶

「酒は飲むまい 飲ますまい」「酒飲めば 愛車が凶器に 早変わり」「飲みません!」など、
交通安全標語の優秀作品には、「飲酒運転の根絶」というテーマが数多く表現されています。
皆様が交通安全標語を作成する場合も、ぜひ「飲酒運転の根絶」の精神を作品に含ませましょう!

交通安全標語のワード一覧

交通安全標語語の傾向

 「交通安全標語」というキーワードをグーグルインサイトで調べてみると以下の通り、若干9月中旬に検索のピークがきます。
 これは上記の、交通安全年間スローガンの締切を反映していると予測しているのですが、どうでしょうか。

交通安全標語自動作成

 交通安全標語を自動で作成できるサイト「交通安全標語自動作成」もありますので、参考にしてください。