安全衛生標語の作り方

安全衛生標語の作り方

安全衛生標語とは、働く人の安全と健康をめざし、労働災害のない安全で快適な職場づくりを呼びかける標語のことで、多くの工場などで募集し、発表するなどされています。このサイトでは、安全衛生標語の作品作りのヒントになるキーワードを集めてみました。
安全衛生標語作成方法は、とても簡単で、このサイトのキーワードを参考に組み替えるだけです。

全国労働衛生週間

厚生労働省および中央労働災害防止協会が主唱しているイベントで、『国民の労働衛生に関する意識を高揚させ、 事業場における自主的労働衛生管理活動を通じた労働者の健康確保』を目的に開催されます。
募集される安全衛生標語は、『労働災害のない安全で快適な職場づくりを呼びかける』になります。

全国労働衛生週間:毎年10月1日から10月7日(9月1日から9月30日の間は準備期間)(参考:中央労働災害防止協会・全国労働衛生週間ページ

安全衛生標語募集期間:毎年5月中旬(参考:平成21年度・全国安全標語募集要項

歴代年末年始無災害運動標語

歴代年間標語

5・7・5のフレーズよりも、7・7・7・7や7・5・7・5などが多く、多少長くなってもいいようです。
5・7・5のフレーズだけでは書き尽くしたのでしょうか。

安全衛生標語の対策・安全衛生標語作成のヒント

ヒント1:脚韻を踏む

『今から ここから 自分から』
『やる気 守る気 つづける気』
上記作品のように、標語内で脚韻を踏むと、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。 。

ヒント2:頭韻を踏む

『自分の健康 自分で管理』
『力をあわせ ちえを集めて』
上記作品のように、標語内で頭韻を踏むと、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。

ヒント3:言葉をかけてみる

『職場に人の和 無事故の輪』
『見る目、気づく目、危険な芽』
上記のように、標語内の言葉をかけてみると、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。

ヒント4:命令型を文頭にいれてみる

『一寸待て』
『ちょっとまって!』
『忘れるな!』
上記のように、文頭に命令型の文言をもってくることで標語にインパクトがあります。
きつい感じを与えるので、さけたよい場合もあります。

以上、他の標語の作成にも活かせると思うヒントを書いてみました。
このサイト安全衛生標語.bizでのキーワードを基に安全衛生標語作成に取り組んで見て下さい。

安全衛生標語のテーマ一覧

安全衛生標語で表現されるテーマはある程度決まっています。
以下のテーマ一覧を参考に安全衛生標語作成に役立ててください。

(1)安全衛生活動は全員参加!

「みんなで作った安全手順」「みんなの誇り」「みんなでなくそう」など、安全衛生標語の優秀作品には、「安全衛生活動は全員で参加!」というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全衛生標語を作成する場合も、ぜひ「安全衛生活動は全員で参加!」の精神を作品に含ませましょう!

(2)健康は大事

「今日も健康さわやか出勤」「健康は職場と家庭を  つなぐ橋」「健康は 事故も防げば」など、安全衛生標語の優秀作品には、「健康は大事」というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全衛生標語を作成する場合も、ぜひ 「健康は大事」の精神を作品に含ませましょう!

(3)声をかけよう!

「一声の 注意し合える」「掛声かけて」「かけ声かけて」「かけ声で」など、安全衛生標語の優秀作品には、「声をかけよう!」というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全衛生標語を作成する場合も、ぜひ「声をかけよう!」の精神を作品に含ませましょう!

(4)自主的に活動しよう!

「自分から」「ひとりひとりが」「私から」「他人に任せず」など、安全衛生標語の優秀作品には、「自主的に活動しよう!」というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全衛生標語を作成する場合も、ぜひ「自主的に活動しよう!」の精神を作品に含ませましょう!

安全衛生標語のワード一覧